読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の苦手なもの

こんばんは。秋月です。
本来なら、目抜き通りについて書きたいところだけどもなかなか書けなくて。
しかも、今まで、好きなものを書いてばっかりでしたが、なんとなく、苦手なものも書いた方がいいのかな
と思ったので今回はそれについて書きたいとおもっています。言い訳みたいですいません。

1、苦手な食べ物
そこら辺は理解が出来るのではないのでしょうか?
私は食べれないものは無いのですが、好んで食べないといったら、納豆マーガリンがとくに苦手です。
理由は納豆は、臭いが無理。あの臭いはどうも無理。
マーガリンは、味が無理です。(そう言ったら、バターも無理だけど)あと、母とかはトーストに少し残るぐらいに塗るのでそこが許せなくて...。

2、苦手な話
私は肩苦しい話、恋バナ、血の話が苦手です
何故なら、肩苦しい話は疲れるじゃないですか。
恋バナは、経験したことないし、聞いてても、嫉妬するだけなんですよ。私が(女子なのに)
その分、人についての話は大好き。(人を探ることが出来るから)
あと、血の話なんですけど、中学のとき、家庭科の先生が突然献血の話をしてて、具合わるくなって気を失うという、トラウマが有りまして、そこからは苦手です。

3、苦手な〇〇
ここまで、苦手な食べ物、苦手な話と言いましたがまだあって
どうしても時間に追われるのが無理です。

検定とか時間制限あるのに一つ間違えると早いメリーゴーランドみたいに頭がぐるぐるぐるぐるとめぐってしまい。パニックになってしまう。助けてくれる人なんていないのに。
心が弱いってよく言われるけど、心を強くする方法なんて知らない。
だから弱いのかなって思ってしまう。

最後、愚痴みたいになりましたが
ざっとこんなものです。
最後まで有難うございます。

「ありきたりな女」と私

どうも秋月です。

今回、話題にしたい曲は
椎名林檎さんの「ありきたりな女」
です。

理由は、正直に言えば
「好きな曲の一つ」
だからです。

今回は自分なりに考えたことを報告したいと思います。

と言っても、私は子供はいないしむしろ、
今は子供と大人のグレーゾーンといってもいいのかもしれない。

でも、なんとなく分かるかもしれない。
きっとね。

今回はおおまかに二つに分けて話したいと思います。

一つ目の大きな特徴は歌声です。
冒頭~「時という時はそう音楽になり...」まではひっそりと話しかけるような声が特徴です。

まるで小さい赤ちゃんに話しかけるような感じだなと思いました。

「欲しいものなどなかった」からは力強く歌ってゆく =成長してゆくんじゃないのかと

また、 「唯一の母親に」から少し柔らかい声になることから
自分の成長と共に産んだ我が子も成長するのかと

二つ目は皆さんが気になってるであろう歌詞です。(ちょっとつまむぐらいですが)
「GoodBye」
これは2度出てきます。
一つ目は
あなたの命を聞き取るため代わりに失ったわたしのあの素晴らしき世界
もう一つは
さよなら、あなた不在のかつての素晴らしき世界
似たように聞こえるけど二つ目の歌詞には
「さようなら」 がキーポイントじゃないのかとこれは 二度と戻ってこないという意味なのかもしれないと思いました。
二度と来ないというのは、子供が産まれてあなた(子供)がいなかった時がもう無くなってしまう。その時間が名残惜しいでも、「GoodBye」さよなら みたいな感じで。

ちなみに一番好きなフレーズは
「出くわすシーンはすべてハイライトでみな、掛け替えのないキャストだった」

「唯一の母に娘は漏れなく取って置きの魔法掛けられてるんだ」
というところが好きです。

どんな人でも出会う時は舞台で言うところのハイライト(名場面又はもっと陽のあたる場所)であるんだなということそして欠けてはいけないキャスト(出演者)じゃないのかと思います。

もう一つの方は
母親は娘(達)に漏れなく(沢山)取って置きの魔法をかける(母性を与える)
んじゃないのかと思います。

きっとあの人も林檎さんも娘さん達に魔法をかけているんだろうなと思いつつ...。

という訳で読んでくださり有難うございます(´ ˘ `∗)

名前を複数持つこと

久しぶりです。
秋月咲樹です。
今回のテーマは
名前を複数持つこと
です。
林檎さんも本名と椎名林檎(以下敬略)という名前とレキシネーム(Deyonna)と複数持ってますが、結局は全部同一人物な訳です。

でも、私は正直、インタビューもPVも全部
椎名林檎 として見てました。
これは全部本名としての本音なのにPVとかインタビューを見る時はもう忘れているから後悔しています。

もしかしたら、私が今まで見た椎名林檎氷山の一角なのかもしれない。と思いました。


話は変わりますが、私は詩を作ります。
正直、この秋月咲樹という名前はご存知だと思いますがこの名前は本名ではございません
ペンネームは実は別にあるけど、文芸部にはいっても1回も使ってないです。
ただ使っているのは本名とニックネーム(あだ名)と秋月咲樹です。
自分の名前は長くて(読みは七文字)ましてや下の名前はよく合わないと言われるからニックネームでよばれることが多いです。先生も。

このままでいいと思ってましたが...



が、どうも最近こんな一言が

「私の名前をちゃんと呼んで」

罪と罰の歌詞です。

長いからしょうがないのかもしれない。合わないからかもしれない。けれどもどうもニックネームだと引っかかる。心のどこかで
と思ってます。
さっきも言ったように同一人物にはかわりないんですけどね。

以上、考えたらきりのない話でした。

火曜ドラマ「カルテット」の「おとなの掟」を聞いた私の考え

皆様お久しぶりです。
後輩が口笛で長く短い祭を吹いていたのでつい、反応しました秋月です。

今回のテーマはカルテットのおとなの掟
いよいよカルテットは佳境に入ろうとしてます。今後が気になるばかりです。

愛好家さんたちはお分かりですがエンディングテーマはカルテット のdoughnutholeのメンバーが歌っています。作詞作曲は椎名林檎さんです。

まだ、曲は取っていませんがエンディングテーマを聞いてるだけでもかなり興奮します。(個人的に)

ところでふと思ったのが...

[http://www..com/@CA5bgtuVPlSSndbさんのツイート(https://twitter.com/CA5bgtuVPlSSndb/status/836566288331747329?s=09

なんだか聞き終わるとみぞおちの当たりがすーっってするんですよね
何でなのかは未だ分かりません。でも、浴室を聞いた後よりおとなの掟のほうがすーっってするんですよ。
座禅エクスタシーの浴室は特にね(蜜月抄の)
歌詞も勿論いいけど音楽がいい!
水の中にいる感じの音楽がとても!

長文になりましたがご覧になった皆様有難うございます。それでは

能動的三分間に惚れるわけ

最近、Little Green MonsterさんやUNCHIANさんがカバーして有名な能動的三分間。愛好家さんたちも「東京事変さんで有名な曲は?」と言われたらこの曲をあげる人は多いでしょう。

今日はこの曲について書きたいと思います。


特に伝えたいのは 時間についてです。

まず、ここで読んで下さってる方々に問題です。

決定的三分間

能動的三分間

ジューダム

この曲の共通点は何でしょう?(読み進まずによくお考えください)



答えは

ズバリ3分で終わるということです。(皆様なら分かったはず!)

この正確さはとても素晴らしい。
こういうのはめったに見られません。同じクラスのでガオラー(Little Green Monsterさんのファン)の子に3分間で終わるんだよと言ったらびっくりしてました。


この曲をカップラーメンを作るタイマー代わりに使う人もいるのではないでしょうか?(私は春雨スープで使いました笑)




今回は時間について書きましたが歌詞も全て凄い。凄いとしか言いようが無い!

最後まで見て下さってありがとうございます。

私が好きな曲〜弁解ドビュッシー〜編

前回は東京事変さんについて書きました。
今回は私の好きな歌手の椎名林檎さんの「弁解ドビュッシー」について色々と書きたいと思います。

そもそも、「弁解ドビュッシー」は椎名林檎さんのセカンドアルバム「勝訴ストリップ」に入っています。特に「ギブス」「本能」「罪と罰」も入っていてご存知の方も多いでしょう。
「弁解ドビュッシー」は椎名林檎さんが「ドビュッシーが好きなことに説明や弁解なんてあるかよ!」「辛い恋をすることに弁解なんてあるかよ!」と勢いで題名をつけた曲だそうです。

私は「弁解ドビュッシー」を聞いた時、(どうせあたしの人生語呂合わせなんだもん)に何故か共感しました。
自分を何かに当てはめている感じで、私も今でも、何かしらのものに当てはめている自分がどこかにいると思いながら聞いてます。


あと、好きなことに弁解もないんですけどね。

ということで最後まで見て下さったってありがとうございます。

好きな曲〜東京事変さん編〜

前に椎名林檎さんのハマった経緯を書きました。
東京事変さんは
1期では
椎名林檎さん
亀田誠治さん
刄田綴色さん
晝海幹音さん
ヒイズミマサユ機さん
でしたが、2期では晝海幹音さんが浮雲さん(長岡亮介さん)にヒイズミマサユ機さんは伊澤一葉さんに変わります。

1期と2期では曲の感じが違います。私はどちらかと言うと2期派です。

東京事変さんは椎名林檎さんを通して知りました。もともとはMAQuillAGEのCMやウォーターミングキスミントとかで聞いていましたが...。

まだ、林檎さんもそうですが再生装置がない私にはまだ聞いたことのない曲もあるので開拓していきたいです。


最後に見て下さった皆様ありがとうございます。